スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園で



日差しがまだ暖かいうちに、子供を連れて公園に行ったときのこと。

息子を抱っこした不自由な体勢のまま、ブランコやすべり台など一通りの遊具にガッチリ付き合ってからは
そばのベンチから娘を見守ることに。
しばらくすると日向ぼっこをしていたご老人(男性)が近づいてきて、私に声をかけてくれました。
政治や経済の話、教育の話、中国やインドの物作りなど、人柄が出るような優しい話しかたです。
最初はよくある「幼児連れの母親に声をかけた」だけなのかと思って耳を傾けていたんだけど、そのうち
ある話題になってからは、なんだか不思議な感覚に襲われました。
それは、ここ数日の私の「迷い」について、それをさとすかのような内容だったのです。
どこに住んでるのかもわからない、その日初めて会った人に突然言われた言葉。
優しい口調とあまりの驚きに、話を聞きながら不覚にも涙が出てしまいました。
思い切り泣いてしまおうかと一瞬迷ったけど、それとなく涙をぬぐってその場をやり過ごしました。
でも、寒さなのか体質なのかはわからないけど、そのご老人の目からも同じように涙が。

このときは、その方よりも前に声をかけてくれたご老人(女性)にも同じようなことを言われたし。
自分の知らないところで見られていたというか・・・。
悩んでいただけに、「神様っているんだなぁ」と思った出来事でした。おしまい。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://boyai.blog36.fc2.com/tb.php/779-582e16bf

Comment

わかば

昨今見知らぬ人になかなか気を許して
お話することも少ないと思うのですが
ちびこさんがオープンな気持ちだったから
不思議な巡りあわせがあったのかな?
素敵なお話ですね^-^


  • URL
  • 2010/01/27 15:17

素敵なお話ですね。

神様が導かれたのでしょうね。
  • URL
  • 2010/01/28 23:29

ちびこ

● わかば さん
なんだか不思議な出来事でした。
でもおかげで私も心を入れ替えることができました。(^^;)

● 空 さん
近所にわりと大きな公園があるんだけど、最近になって行くようになったんだよね。
いままでは娘と夫だけで行って、その間はソウマとお留守番・・・ってパターンが多かったんだけどね。
これからは行くたびにそのおじいさんを探してしまいそうだよ。
  • URL
  • 2010/01/28 23:45
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。