スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅



連休明け、九州へ帰ってきた私たち親子を待ち受けていたのは気温30度という暑さでした。
千葉では連日の「10月中旬」の陽気に「そろそろセーターでも着たいよね」と話していたくらいなのに
西日本ではいまだ続く夏日・・・。

飛行機には両親も一緒に乗ってくれ、機内での子守要員 + 2泊3日の小旅行。
じわじわと迫りくる別れの時を意識しつつ、みんなで食事をしたり、母親の好きな焼き物の里にも行ったりして
限られた時間ながらも楽しい時を過ごすことができました。





でも、寂しくて辛いのは大人ばかり。
娘はしばらくぶりの居住空間にも徐々に慣れ、3ヶ月の濃厚な思い出についてはなかなか口には出てきません。
大人からしたら「ショッピングモールでいっぱい遊んだよね」「出産のときはママと離れたけど良く耐えた」
「いろんなものをたくさん食べたね」「庭でも遊んだし、みんなに仲良くしてもらったね」「トイレもがんばった」
「言葉もたくさん覚えたね」などと、突っ込みどころは満載。
でも今までとは異なる空間とメンバーの違いに、まだ小さいとはいえ状況を理解している様子です。
私はといえば、娘がトイレで上手に力んでいるのを見ては「この夏の成果なんだよね」と感傷的になったり、
子供の昼寝時間のあまりの静けさに寂しさが倍増して、母に電話をしてしまったり。
同じく母も、火が消えたように静かになった家で「寂しい寂しい」とこぼし中。
両親は飛行機や空港の中で、小さい子供を見ては「ちょうど同じくらいだね」と話したり、ことあるごとに
孫の感触などを思い出しては涙してしまい、目を真っ赤に腫らしながらうつむき加減で帰宅したんだとか。
そんなことを話しながら、もうお互い電話口で涙声。

3ヶ月という長い時間を実家で過ごしたぶん、別れはとても辛かったです。
いろいろあったけど、結局は楽しいことしか思い出に残らなかったり。
母親の「次はいつ会えるのかなぁ。楽しかったことも忘れちゃうんだろうな。」なんて言葉を聞くたびに
あぁ、これが遠くへ嫁いだ罰なんだなと思います。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://boyai.blog36.fc2.com/tb.php/743-cee1879a

Comment

沙羅

どの写真もいい写真ですね☆
コトハちゃん、またお姉ちゃんになりましたね!
赤ちゃんの頃からとっても可愛かったけど、
また成長した可愛らしさが感じられますね~♪
赤ちゃんから子供へと成長していくのですが、
この時期って特にこの時期特有の可愛さがあるんだろうな~って
最近、よく娘を見ていて思います。

実家が離れていると、ほんとなかなか会えないですよね。
実家が近い人を見ると、やっぱりいいな~なんて思っちゃいます。
でも、ちびこさんは、きっと離れているからこそ、
またいい時間をたくさん過ごせたのではないでしょうか~。

ちびこさんの写真を見ていたら、Yuzuが指差して、「Yuzu!」と言うので、
「ちがうよ~、コトハちゃんだよ~♪」というと、
「コトハちゃん!」と言っていました☆
  • URL
  • 2009/09/27 22:25
  • Edit

ちびこ

● 沙羅 さん
この言葉の覚えたての、中途半端に会話が通じる時期が、またたまらなく愛しいらしいです。
両親は、プニプニとした感触の孫の面影を求めて、毎日寂しそうです。
両親だけでなく、私もしばらく立ち直れません。

今回は子供2人を代わる代わる抱っこしていたので、機内では写真は撮れませんでした。
無理をすれば撮れたんだけど、そんな気も起きず。
・・・かといって、どこかで集合写真を撮るのもなんだか寂しいし。

Yuzuちゃんにコトハを認識してもらったなんて、うれしいです♪
  • URL
  • 2009/09/29 16:09
  • Edit

おかえりなさい(といっていいのかな?)

実家の両親と離ればなれになるのて辛かったですねご両親さんも辛かったでしようね

パパさんは息子ちゃんと会えて嬉しかったでしようね。
  • URL
  • 2009/09/29 22:30

ぬーく

ご実家からご自宅への移り変わりお疲れ様でした。

私も神戸から横浜に嫁いだ身なので
2人目の出産時に3ヶ月間帰省していたのですが、
母と生活リズムの折り合いがつかず早く主人のいる自宅に帰りたかった、
という事実が今になって悔やまれます。
(母とは割と仲の良い親子だと思うのですけど^^;)

自身がまだまだ子供で親に甘えた帰省生活を送ってしまっただけに
ちびこさんやお母様の寂しさ、切なさ。
とても胸に染みて とても綺麗だなぁと思いました。

そこに空を見つめるコトハちゃんの姿がまたより切なく感じて。
ちびこさんの写真と言葉の世界にまた陶酔です。


余談ではありますが、我が家では休日以外・主人が帰宅まで
という条件で実家と日々ウェブカムをしています。
たかが画面、されど画面。
娘は2歳から始めて以来、ひどかった人見知りもなくなりました。
一応そんな例もあります、とご参考までに。
  • URL
  • 2009/09/30 23:12

mizu

初めてコメントさせて頂きます。
ちびこさんの素敵なママさんぶり、いつも感心しながら拝見しています。

私も7月に一児の母となり、先週里帰りを終えて、九州の実家から東京へ戻ってきたところです。
娘を連れて実家を旅立つ日、溢れる涙で母の顔を見ることができなかった私・・・コメントせずにはいられませんでした(^_^;)
私の母も言います、火が消えたようだと。
そして私も、毎晩母へ電話をしてしまいます。
今日は手がかからなかったか、お風呂は泣かなかったか、昨夜の夜泣きは・・・などなど、その日の娘の様子を話すひと時、ホッとするんですよね。まだまだ親になりきれてません(^_^;)

なんだかホッとしました。私だけじゃないんだなって。
前向きに前向きに、東京での育児頑張らなくては!!
育児の参考に、時々おじゃまさせて頂きます(*^_^*)
  • URL
  • 2009/10/01 15:29
  • Edit

ちびこ

● 空 さん
帰ってきたよ~~。
すべての感覚がどうしても「実家基準」になっちゃってるので、もとの生活にもなかなか馴染めないでいるよ。(ーー;)
落ち着いたらまた遊んでね。
もちろん空さんの体調のいいときにね♪
  • URL
  • 2009/10/02 08:05
  • Edit

ちびこ

● ぬーく さん
ぬーくさんも、同じような経験をされたのですね・・・。
3ヶ月の期間中は、楽しかったこともあればケンカをしたこともあったり。
今思えば、産後のガルガル期だっただけなんですが・・・。
まぁそんなケンカも「親子だから」できることなんですよね。←言い訳

うちもウェブカムの話が出ましたが、ひとまず壊れたノートパソコンを直してSkypeをしようと思います。

● mizu さん
ご無沙汰しています。その後いかがですか?
親と別れるときってやっぱり辛いですよね。
自分もまだまだ子供だなぁと思いつつ、でも親が寂しがっているのは孫に対してだったり。(^^;)
もっと長い期間、実家にいたかったけど、そうすると別れ際ももっと辛くなるんですよね・・・。

これからも「遠い実家」同士、お互いに育児をがんばりましょうネ。(^^)
  • URL
  • 2009/10/04 08:36
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。