スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤なミセバヤ


Nikon D200, TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 1/1250 [F3.5]

ミセバヤが真っ赤に色づきました。
花が咲いてからだいたい1ヶ月。
花はすっかりタネになっているけど、緑色だった葉っぱは花以上に赤く染まって、とても目立つ存在です。


Nikon D200, TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 1/1500 [F3.5]

今年は花が少なかったけど、「この紅葉が見られればいいか♪」と思ってしまうほど。(* ̄m ̄)
これでも十分赤く染まったけど、1月頃にはさらに黒っぽい赤に変わります。
・・・ん~、この「赤」を表現するには、軒下のような明るい日陰で撮ったほうがよかったかなぁ。


Nikon D200, TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 1/4000 [F3]


Nikon D200, TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1 1/180 [F3]

ちなみにこれは11/22の状態。
赤と緑が入り混じって、これもまたきれいでした。(*^ー^*)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://boyai.blog36.fc2.com/tb.php/342-0e85a9a1

Comment

よ~かん

すごいきれいな色・・・確かに花もよかったけど、
紅葉も素晴らしいです。ちょっと逆光でどう見え
るのか見てみたいですね♪
これって紅葉すると葉っぱが落ちちゃうんですか?

ちびこ

● よ~かん さん
ミセバヤの葉は水分たっぷりで分厚いので、逆光だとどう写るかな・・・。

真っ赤に染まったあと、葉っぱの水分がだんだんなくなってしおれていきます。
そして最後(1月頃)には茶色く枯れてカスッカスになるんですが、その頃はすでに
株元に来年の新芽が顔を出しているんです。
ミセバヤって本当におもしろい植物です★
  • URL
  • 2006/12/08 21:20
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。